クレジットカードを失くしてしまったら

###Site Name###

クレジットカードを失くしてしまうと、不正に利用されるので慌ててしまう人もいますが、カードには紛失保険が初めからついているので万が一の時でも心配いりません。

自動付帯なので、一度もカードを利用しなくても保険は適用されます。



ただし、不正に利用された分の補償をして欲しい場合は、手続きが必要になります。



補償を受ける手続きは、紛失したことがわかったらクレジットカードの発行会社にすぐにカードの利用を止めてもらいます。

ただしこれだけでは手続きは完了したことにならず、警察にカードの紛失届を提出する必要があります。警察に紛失届をだすと警察が受理番号を教えるので、その受理番号をカードの発行会社に伝えると手続きが完了します。

紛失していたことを気づかずに、知らないうちにカードを使われていることもありますが、不正に利用されてから60日以内なら補償を受けられます。



クレジットカードを紛失して不正利用された場合でも、補償を受けられないケースもあります。

そのケースとは、他人に貸したカードが不正に利用された場合です。

兄弟や子供に貸した場合でも補償を受けられなくなるので、絶対にクレジットカードを他人に貸さないようにしましょう。
他にもクレジットカードの裏に署名していない場合も補償が受けられないので、必ずカードの裏に署名をしてください。

暗証番号を他人に教えたり、カードと暗証番号を書いた紙を一緒に置いておく場合も補償が適用されないので注意が必要です。