債務整理利用後におけるクレジットカードの審査

###Site Name###

借金を返せない状態が長く続くと、個人で解決するのが難しくなります。


弁護士や司法書士の力を借りながら債務整理を行うことで、借金問題の解決を目指すのが賢明です。
ですが、債務整理を行うと、クレジットカードの審査に影響が出るようになります。

債務整理を行った人に対して5~10年程度は、クレジットカードの審査に通らなくなります。
原因は信用情報機関に金融事故に関する記録が残るからです。

記録が消滅する時期は5~10年で、これよりも短い時期に申し込めば、信用情報機関の記録を参考に審査を行うカード会社に、契約を断られてしまいます。



しかし、この期間さえ経過すれば、再びクレジットカードを問題なく作ることができます。

少し長い期間ではあるものの、その間はきちんと返済をしたり、お金のトラブルを起こさないようにしながら生活を続けていきましょう。

債務整理の内容によっては、実施してから約13年が経過しないと審査に通らない場合があります。


これは信用情報機関へ金融事故の登録が完了する時期によって起こることです。

審査に落とされないようにするためにもクレジットカードの申し込みをする前に、信用情報機関に情報の開示を求めてみましょう。



開示方法は割と簡単で、信用情報機関のサイトから申し込むだけです。
本人であることが確認できれば、その人の情報を見せてくれます。



記録を見て債務整理の事実が記録されていなければ、早速カードの申し込みにチャレンジしてみましょう。