クレジットカードは何枚持つのがベストか

###Site Name###

現金がなくても支払いができるクレジットカードは、1~2枚の所有枚数がベストと言われています。
カードが増えてしまうとポイントが分散されて、効率よく貯まらなくなるのです。5枚、10枚のカードを所有していると、ポイントを使えるようになる前に失効してしまう可能性もあります。

ポイント失効を防ぐためには、カードは1~2枚に抑えてポイントを集中させましょう。


クレジットカードはローンほど審査が厳しくないので、一人で複数枚を所有しているケースが多いです。

1~2枚ならまったく問題ありませんが、3枚以上になると多いと考えていいでしょう。



計画的に複数枚のカードを使いこなせるなら問題ありませんが、現実的にはなかなか難しいものです。
カード枚数を抑えるためにも、本当によく使うカードだけに絞っておくべきなのです。

クレジットカードにはキャッシング機能がついたタイプが多いので、消費者金融の利用を考えている方はクレジットカード1枚にまとめるのも手です。



クレジット、ローンを問わずにカード枚数を増やすと、利用額を把握するのが難しくなります。


効率よく返済を続けるためにも、カード枚数を増やしすぎるのは避けましょう。

クレジットカードの審査においても、利用枚数が少ないほど通過率は高くなるのです。

通過できない方の傾向を見ていると、あまり使わないカードの契約もしていることが多いです。



実際にカードの利用条件をシミュレーションしてみて、使いすぎないように注意してください。