クレジットカードは総量規制の対象となるのか

###Site Name###

改正貸金業法が2010年に完全施行された事によって現在は貸金業者からはお金を借りる事が出来るのは年収の三分の一までが限度となっています。


その対象としてはキャッシングサービスを提供している消費者金融の他にもクレジットカード会社も含まれています。



そうなると気になるのはクレジットカードを発行する場合の総量規制による制限についてですが、クレジットカードの場合の総量規制はどのようになっているのかをお話しします。まず、クレジットカードの機能については理解しておく必要があり、基本的な機能としては買い物をする際の代金の支払いを一時的にカード会社に立て替えてもらうショッピング機能がありますが、その他にも場合によってはキャッシング機能がついている事もあります。
そして総量規制の対象となるのはこのうちのキャッシング枠に対してのみであり、ショッピング枠に対しては総量規制の対象とはならないです。



また、クレジットカードのキャッシング枠についても、銀行のカードのキャッシングについては銀行の場合は貸金業者には該当しないので総量規制の対象外となります。

なお、ショッピング枠は先ほど述べたように総量規制の対象にはならないですが、分割払いやリボ払いについては割賦販売法という法律によって定められている金額が利用上限として定められています。その上限枠の計算についてはここでは触れないですが、申し込みの際にはそうした事も含めて審査が行われます。