クレジットカードの審査に携帯電話料金の滞納が影響?

###Site Name###

クレジットカードでは、個人信用情報も閲覧されます。

基本的には、ローン、キャッシング、クレジットカードなどの利用履歴を見られるだけですが、場合によっては携帯電話料金の滞納が影響することもあります。水道光熱費など、公共料金の支払いは、基本的には信用情報に影響はしません。

そのため、公共料金は止められる前に支払えばよいと考えている人も結構いるようです。



しかし、携帯料金に関しては、ケースバイケースですが、信用情報に影響することがあります。
基本的には、携帯料金の支払いは、信用情報には影響しないのですが、機種代金を割賦払いで購入して、その支払いがまだ終わっていない人の場合、ローンの返済と同じになってしまうので、延滞をすると信用情報に影響してしまいます。



機種代金を一括で購入した人や、割賦払いで購入をしても、すでに完済してしまっている場合には、影響はありません。


どちらかわかならいという人は、携帯料金の内訳を見てみましょう。機種代金の割賦払い料金が含まれている場合には、延滞をするとローンを延滞するのと同じ効果が発生してしまいます。

クレジットカードの審査で、「属性に悪いところはないはずなのに審査に落ちた」という人は、携帯電話料金の滞納が原因になっていることがあります。



「携帯の料金は止められる前に支払えばほとんどデメリットはない」と考えている人は、この機会に考え方を改めておきましょう。
クレジットカードだけでなく、自動車ローン、住宅ローンなどの審査にも影響してしまうことがあります。